東京で霊園を探し、お墓を建てようとしてもすでに土地がなく難しくなってきています。しかし、どんなに土地がないといっても0ではありません。予算としては70万~120万ほど見積もっておけばふつうにお墓を建てることができます。もちろん土地だけでなくお墓の石にもお金がかかりますし、その維持などを見積もった年会費といったものも必要になってきます。自分の子供や孫たちがお墓を守って手を合わせていくだろう習慣を続けていける自信のある方は、特に問題はなくただ単に東京は他の地域から見たら高い金額ではありますが、建てることを視野にいれても良いと言えます。
特にお墓の形に希望がない人は先に述べた一般埋蔵施設に比べて安くお墓を手に入れることができます。
芝生埋葬施設というタイプのお墓です。一列に並んだお墓で大きさなどに規制が設けられますが、石の形や広さなど気にならない方ならこちらも検討できます。
さらに、決められた石に名前を彫るタイプの壁型埋蔵施設というお墓もあります。こちらは先に述べた芝生のないバージョンで石も統一されています。
上記のようにお墓の場所や墓石を特に必要としない人や、子供たちがお墓の維持に協力的でない場合や子供たちに負担をかけたくないと考えている人向けに個々のお墓はもたないタイプの埋葬方法もあります。
合葬埋蔵施設がそれにあたります。ひとつのお墓に多くの遺骨を一緒に埋葬するタイプのもので、遺骨の埋蔵方法が選択でき、一つは遺骨を骨壺にいれ一定期間安置できその期間がすぎたら共同埋蔵する方法と、遺骨を埋蔵時に共同埋蔵する直接共同埋蔵のどちらかを選ぶことができます。
また立体埋蔵施設という方法があります。一定期間個別埋蔵したあと共同埋蔵に移されるもので使用開始後の管理費の負担や納骨完了後の使用権承継の必要がないため後を継ぐ人がいなくても安心して入ることができるお墓です。
お墓というより墓所としての意味をもつ埋蔵施設があります。長期収蔵施設というもので大きさにより6体まで収納が可能で間接参拝方式をとっていいて使用期間が30年前後のところが多いです。墓地の立体化と集約化を図った施設となっています。
この長期収蔵施設の期間が短いものを短期収蔵施設といい5年ほどで使用期間を区切りあとは更新していくというタイプのものもあります。
またさらに短い一時収蔵施設というものもあります。墓地を取得するまでの間や一時的な遺骨の保管を目的としていて使用期間は1年ほどで更新の回数に制限があります。
このように東京でお墓を建てるとしてもさまざまな形の霊園が存在し埋蔵方法も多様化しています。

足を運んでいただいた霊園現地でも、当社の施工した墓石をご覧いただくことができます。 数百種類もある石材について、わかりやすく詳細にご説明いたします。 当サイトでは、東京都内の霊園情報を掲載しており、東京都内で霊園探しを行う際に利用することで、より効率的に霊園探しを行うことができます。 霊園の情報を自宅にいながら集めることができます。 東京の霊園をお探しの方は東京都霊園・墓地探しの美郷石材のサイトをご覧ください。