動物も高齢化社会

高齢化が進んでいる今の世の中。

しかしそれは人間だけではなく動物も同じです。

ペットの高齢化が進み、人間の高齢かも進むあまり知られてはいませんが、今問題となっています。

最近調査によると、日本の総世帯数は4446万

4000世帯あるとされています。

その中でも65歳以上の一人暮らしの世帯数は469万7000世帯とされており、ここ数年でかなり増加していると言われています。

平成23年度の犬猫飼育実態調査の結果、犬猫の飼育率としては50代の人が最も多く、その次が60代とされています。

この数字を見てもわかるように、高齢者がペットと暮らす確立がかなり多くなっているのです。

そんな今の世の中の状況が多くの問題を生じさせてもいます。

孤独死をした飼い主の側で衰弱し寸前の犬猫が保護されたケースや、認知症の飼い主が愛猫や愛犬の病気に気づいてあげることができず、死に至らせてしまったケースもあります。

全国の保健所に持ち込まれるペットの殺処分。

これは何年も前から問題になっています。

以前と比べてもかなり激減したと言われていますが、それでもまだ年間に20万匹も存在します。

責任のない人間に捨てられた動物、犬の問題行動や病気、転居などが主な原因とされています。

私は個人的に許せないのが、転居を理由に暮らすことが出来なくなり保健所に預けに行く人間です。

全く理由になっていない気がします。

もし、自分に子供がいて転居をする場合、施設に預けますか?

そんな人間は恐らく存在しないと思います。

人間も動物も同じ命。

殺される場所何故連れて行く必要があるのでしょか。

最近ではこれらの理由以外に、核家族化が進んでいる影響もあってなのか、一人暮らしの高齢者や高齢夫婦が長期入院をしてしまい一緒に暮らすことが出来なくなり、飼い主がなくなり、もらい手がなくなったなど言った理由で保健所に持ち込まれるケースがあります。

その問題の背景には最初に述べた、ペットの高齢かも原因と言われています。

犬の平均寿命は30年前までは4才と言われていました。

長生きの犬ももちろんいましたが、それよりも若い間に感染症や栄養不足、事故などにより亡くなってしまうケースが多く、それらを平均すると4才となっていた。

しかし今は平均寿命が13才~14才とされています。

今の世の中は医療も進んでおり、その結果平均寿命が延びたとされています。

ペットと共に暮らす人間は、もっと動物と向き合い、考え、ペットといった考えではなく、家族といった考えで向き合わなければいけませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*