犬のしつけ

犬をペットとして自宅で共に暮らしている人は海外の犬の暮らしをご存知でしょうか。

動物愛護先進国は日本と違い、犬の躾もしっかりと行き届いています。

オーストラリアに関しては、イギリス系の移民が多く、犬の先進国でもありあます。

ドライブ中の犬のシートベルトも義務化されており、犬の安全も守られています。

個人主義や、個性を尊重する欧米諸国では、犬は犬として考える人も多く、一定の距離を保ちながら接する人もいるそうです。

子供に対する接し方と同じように、やたらとベタベタしたりするのではなく、躾にも非常に厳しいそうです。

自然保護の先進国でもあるオーストラリアでは食材や化粧品など、あらゆるライフスタイルでナチュラルが重視されているため、日本の犬のように服を着ている犬はほとんど存在しないと言われています。

更にはここ数年間で断尾や断耳を法律で禁じている州も増えてきているのです。

それは当然だと思います。

人間の勝手なエゴで耳や尻尾を切られてしまう意味が全く理解出来ません。

人間の子供に同じ事をすれば大きな問題として取り上げられます。

犬も人間もなんら変わりありません。

それは全く必要のない事だと思います。

タイなどの怒りの表現を美徳としていない上座部仏教の国は大声で叱られている犬もほとんどいないそうです。

大きな声で叱るのではなく、叱るときは、低い声で目を見て叱る事で犬には伝わります。

叩いたりして叱る躾は一番だめです。

そんな犬の躾を始める時期としてはいつ頃からがベストなのか。

人間と犬は歳を取る速度や行動や本能も異なります。

当たり前ですが、犬は人間よりも歳を取る速度が早く、寿命も短いです。

子犬の時期であれば、1ヶ月で1歳といった計算で成長していきます。

半年も経過すれば人間で言う6歳にまで成長しています。

生後何ヶ月かで小学生程にまで成長するのであれば、生後間もない頃からトイレなどの躾は始めている方が良いとされています。

犬の咬む行為に関しては、もう少し遅くからでも良いかも知れません。

生後間もない子に咬むのを止めさせる躾をしたとしても、当然の事ながら力加減など出来る訳もないですし、理解が出来ているとも考えられません。

2歳の人間の子供が母親に叱られてもあまり理解出来ないのと同じです。

犬を躾ける場合は精神面や、年齢面などをしっかりと把握して方法や内容も変えて行きましょう。

社会で犬も人間もよりよい暮らしをする為にはしっかりとした躾が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*